VOICE .
お客様とのコミュニケーションの中で、
多くの感動と成長の機会を
いただいています。
イノベーション事業部
プロダクト開発部 ビジネスシステム課
2009年入社
庄林 佑樹
Yuki Shoubayashi

INTERVIEW

やりがいのある仕事で、プログラミングに
打ち込める環境がある会社を探していました。
私は小学生時代からプログラム作成を始め、情報系の大学に進んでからも、授業はもちろん、趣味でもゲームを作るなどして楽しんでいました。そういう私が、大学就職課からの紹介をきっかけに、栗菱コンピューターズというソフトウェア会社に入ったのは、必然だったかもしれません。ここには、やりがいのある仕事があり、また、のびのびと好きなプログラミングに打ち込める環境もあります。プログラマーには最高の職場だと思います。
お客様と直接やりとりできる部署なので、
喜びの声を直接聞ける手応えがあります。
私の仕事は、お客様個々の業務にフィットした業務システムの開発・導入です。インフラ系の仕事とはまた違って、お客様から直接ご要望をお聞きできて、お叱りの言葉も、喜びの声も直接返ってくる。だから、一生懸命やった結果が、「ダメじゃないか」「思っていたのと違う」と言われた時は正直ヘコみますが、逆に「前より断然良くなった」「思った以上に使いやすくなった」とお褒めの言葉を頂くと、やはり嬉しいです。まさに、お客様に叱咤激励をいただいて、自分もプログラマーとして鍛えられ、キャリアアップをさせていただいているという感じですね。
先輩から直接話を聞くなど、
リアルな情報に基づいて判断してほしいと思います。
ネットにさまざまな情報が溢れる時代、皆さんはその会社が自分に合っているかどうか、思い悩まれているのはないでしょうか。しかし、ネットの匿名情報よりも、実名の情報の方が真実だと思います。私自身、自分の適性に合った栗菱コンピューターズという会社と出会えたのは、大学の就職課からの紹介でした。皆さんも、就職課に置かれている先輩の手記を読んだり、直接訪ねて話を聞いたりして、リアルな情報を確かめて判断してほしいと思います。